フィンペシアとは?

効果・効能

プロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアは、早い人で3ヶ月頃から効果が出るといい、半年ほど経つと抜け毛が無くなった事を実感できます。

1年間服用することによって髪の毛が増えたという声も多く、使い続ける期間が長いほど、改善効果が高いというデータも出ています。

発毛効果とまではいかずとも、抜け毛を防いで現状を維持したいという方にもフィンペシアは効果的な医薬品です。

服用して訪れる「初期脱毛」とは?

フィンペシア服用し始めたのに抜け毛が増えるケースがあります。

薄毛を治すために服用したのにこういった症状になると不安になりますよね。なにしろ薬の効果とは逆行しているのですから。

シャンプーをしていたら、ごっそりと尋常ではない量の抜け毛が!あの薬は、自分には合わないのでは?と疑心暗鬼になる人もいるかもしれません。

しかし安心してください。それは「初期脱毛」という症状です。AGAの治療においては、普通に訪れるもので、文字通り治療をはじめて比較的「初期」に起こる現象です。

「初期脱毛」はフィンペシアだけではなく、男性型脱毛症の治療に関する薬であれば、タブレット系でなくても、頭皮に塗布するスカルプエッセンス系のものも含めて、この症状は起こります。

「初期脱毛」とは、いずれ抜け落ちるのを待っている毛が抜けているだけで、そこから新しい毛が生えてくる準備をしている状態です。

つまりヘアサイクルを正常化しようとしている良い現象なのです。

使用方法・副作用について

高い効果に期待が持てる育毛剤として注目されているフィンペシアの推奨用量は、通常、1mgを1日1回服用します。

症状などによって量は変更することができますが、1日1mgを上限となっております。

一般的に薬局などで出されている薬の中には、毎食後に服用するタイプもありますので、フィンペシアと混同しないよう注意しましょう。

フィンペシアは育毛剤で有名なプロペシアのジェネリック医薬品なので、成分はプロペシアと同じフィナステリドが配合されています。

ということはつまり、その副作用も一緒という事になります。

具体的には、男性ホルモンを抑制することによる男性機能の低下が起きる可能性があり、ED・勃起不全などの症状から、精子自体に悪影響を及ぼすことがあります。

それ以外にもフィンペシアにのみ存在する副作用も存在します。

副作用に関しては可能性は低いとしてもゼロではありません。

髪が増加しても、それ以外の機能が低下してしまっては意味がないので、用法・容量を守り、服用前にはしっかりと知識を身に着けておきましょう。

↑ PAGE TOP